アパレル業界人必見!ファッションビジネスで必要となる専門的な知識について解説しています。

「信用状(L/C)」取引における輸出入者と銀行の関係

「信用状(L/C)」取引,LCオープンとは

L/C(Letter of Credit)とは、荷為替取引における銀行が行う一種の支払保証である。

国際貿易において、輸入業者が相手国の輸出業者に対して発行するものを指します。

信用状に書かれた条件を満たすことで、銀行が輸出業者に対し代金支払いを保障するものです。

輸入者は、L/Cを開設するためには、ある程度の信用力が必要である。

銀行は、L/Cの発行に際して輸入者の審査を行う。

銀行が支払を保証することから、銀行が倒産しない限り、支払は保全されている。

こうした意味で、一種の担保付取引とも考えられている。

「信用状(L/C)」の役割・仕組み

国際貿易取引は、国内取引とは違い、さまざまなリスクが生じる可能性があります。

輸入業者と輸出業者が互いに決済について不安を持っている場合、信頼しきれない場合に、このL/C決済がよく利用されます。

「信用状(L/C)」取得方法

L/C取引では輸入者が「申請者」、輸出者が「受益者」と呼ばれます。

貿易取引は輸出者と輸入者間で売買契約を結ぶことからスタートします。

両者がL/C取引をおこなうと合意した場合、輸出者は銀行に輸出者宛てのL/Cの発行を依頼します(信用状開設依頼書の作成)

開設銀行は開設依頼人から依頼された内容で、L/Cを発行します。

信用状開設依頼書は、売買契約の内容を集約したものになります。
そこには、L/Cの有効期限や通知方法、手形買取要件、また信用状統一規則準拠文言などを明記します。

「信用状(L/C)」取引の流れ

開設銀行が発行したL/Cは、輸入地の開設銀行から輸出地の銀行に、そして通知銀行から輸出者へと通知されます。

輸出者はL/Cの内容に従った商品を引き渡したあと、船会社が発行する*「船荷証券(B/L)」などの船積書類で、L/Cに明記された契約条件を満たしていることを銀行に証明します。

船積書類と為替手形は、輸出地の銀行から輸入地の銀行へと送られ、輸入者がその為替手形に対して支払いをすることで、B/Lなどの船積書類を入手し、船会社にB/Lを提示し商品を受け取るという流れでL/C取引が完了します。

まとめ

このように「信用状(L/C)」は、輸出入者ともにリスクが軽減される非常に便利なものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です