アパレル業界人必見!ファッションビジネスで必要となる専門的な知識について解説しています。

sacai(サカイ) デザイナーの阿部千登勢さんについて

sacaiデザイナー阿部千登勢さんについて

写真真ん中

sacai(サカイ)のデザイナー阿部千登勢さんの経歴

「sacai」(サカイ)のデザイナー阿部千登勢は岐阜県生まれ。

母親が洋服の仕立てを手がけるブティックで働いていたこともあり、洋服に囲まれた環境で育った。

小学生のころ、テレビCMでファッションデザイナーが出演していたのを目にしたことがきっかけとなり、将来の夢を思い描き始める。

専門学校を卒業した後、アパレルメーカー大手のワールドに就職。

川久保玲率いるコム デ ギャルソンに転職

Comme des Garcons「コム デ ギャルソン」川久保玲とJunya Watanabeの元で10年に渡りパタンナー、ニットウエアの企画を経験。1997年、出産育児を機に同社を退社。

1999年、「sacai」(サカイ)立ち上げた。

子育てのかたわらで編んだ5型のニットからスタートした「sacai(サカイ)」

自宅のリビングから始まってグローバルへと発表の場を移し、各国のバイヤーや評論家から注目を浴びる。

デザインと向き合う姿勢は常に変わらない。

「日常の上に成り立つデザイン」で、ひたむきに””本物””を追い求め続ける。

ブランド名は旧姓に由来する。

ニットを中心としたコレクションは国内ですぐに注目を浴びる。

sacai(サカイ)の歴史・沿革

2003年秋冬コレクションからNYで、2004年春夏コレクションからはパリで展示会を行う。
2006年、セカンドラインである「sacailuck」をスタートさせ、2007年には毎日ファッション大賞受賞。

2009年、阿部がモンクレール社初の日本人デザイナーに抜擢。

その認知を更に大きく広げるきっかけになったのが、「MONCLER(モンクレール)」との協業。

 

このニュースは業界を驚かせた。ダウンを得意とする「MONCLER」と、ニットを得意とする「sacai」。

2009年春夏シーズン、「sacai」メンズラインをスタート。

2010年春夏シーズン、「モンクレール S」のデザイナーに就任。

現在は、パリでファッションショー、東京で展示会形式でコレクションを発表している。

 

sacai(サカイ)とNike(ナイキ)のコラボスニーカー

1999年に始めたsacai(サカイ)とNike(ナイキ)のコラボスニーカーが2019年に登場予定。

今回コレクションで披露された4種類のモデルを紹介。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sacaiofficialさん(@sacaiofficial)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

sacaiofficialさん(@sacaiofficial)がシェアした投稿

 

「ナイキ(NIKE)」と「サカイ(sacai)」のコラボレーションによるシューズ「LDWaffle」と「Blazer Mid」。日本ではSNKRSやサカイ 青山店などで取り扱う。

サカイ(sacai)日本での店舗

日本での活動としては現在は、銀座に2店舗、新宿に1店舗、大阪の梅田に1店舗を構えている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です