アパレル業界人必見!ファッションビジネスで必要となる専門的な知識について解説しています。

新型コロナウイルスによるファッション業界への影響

新型コロナウイルスによるファッション業界への影響

新型コロナウイルスが世界各地で猛威をふるい、特に中国本土は大打撃を受けている。
中国国内の製造業は2020年2月9日まで休業を延期している。

2月9日まで在宅勤務許可・勧告

1月29日の旧正月明けから多くの企業がひとまず31日までの在宅勤務許可・勧告を発令した。
翌週も引き続き2月9日まで在宅勤務許可・勧告を採用する企業が多く、
2/12現在の現状では「さらにもう1週間かも」と言われている。

納期の遅れなどビジネスへの影響が懸念

ほとんどのファッション企業が中国で生産を行っており、
春夏物の納期の遅れなどビジネスへの影響が懸念されている。

アパレル企業の反応

多くのアパレル企業は2月3日の時点では
「旧正月前に生産分は入荷済みのため、調達面ですぐに影響が出ることはない」(ワールド)という声が多いが、先行きが見えない中、ひとまずは工場再開までの状況を見守るしかない状況だ。

ただ、中国での短期生産を掲げていた企業には早くも影響が出ている。

また新型コロナウイルス蔓延で世界各地の小売業も大打撃を受けている。

国内アパレル企業では、ビームスやユナイテッドアローズ、
アダストリア、ベイクルーズグループ、三陽商会が、
感染予防のために店員のマスク着用を促しており、
公式サイトを通じて着用についてユーザーに理解を求めている。

このほか、ファーストリテイリングや「無印良品」も従業員のマスク着用を許可。
「ユニクロ」では、特に海外観光客が多い店舗では必ず着用するように伝えているという。

長期化する新型肺炎の影響で企業活動の低迷や経済への悪影響が懸念されている。