アパレル業界人必見!ファッションビジネスで必要となる専門的な知識について解説しています。

アパレル業界で使われる「SKU」って何のこと?

SKU (ストック・キーピング・ユニット)

「SKU」という言葉を聞いたことがありますか?

SKUとは、Stock Keeping Unit(ストック・キーピング・ユニット)の略で、小売りや物流、流通における商品管理の際の最小識別単位のこと。

企業の在庫管理のシステムによって異なり、例えば色別やサイズ別の品目を異なるものとして扱うのであれば、それぞれ一意のSKUとして個別に定義される。読みは「エスケーユー」。

在庫や販売状況を把握する際、欠品リスクや売れ残りリスクを減らすために、品目を管理しやすい単位で把握することになる。その適切な在庫管理を行うための最小の単位がSKUになる。

 

では一体何を指す言葉なのでしょうか?今日はこの「SKU」 についてご紹介します。

SKUとは?

「SKU」とは、stock keeping unit(ストック・キーピング・ユニット)の略で、在庫管理を行うときの最小の単位をいいます。

単品で管理するために、品目をデザインやサイズ、色などで細分化して分類します。

例えばTシャツを1デザインで、カラーがホワイト、ブラック、グレーの3色、サイズがS・M・L・LLの4種類がある場合は、このブラウスのSKUは12と数えます。

SKUごとに在庫管理が行われ、補充や発注もSKUごとに行われています。売れ筋や在庫を把握するには品目ごとの商品管理では大まか過ぎるのでSKUを活用します。